奈良県における私たちの取り組み

-スポーツを通じて-

体力や技能の向上を目的とする者、健康の増進を希望する者に対して、医学的観点に基づくスポーツ障害の早期発見、予防を目的とした検診に関する事業を行います。

 

 

-検診事業を通じて-

地域住民のスポーツ振興、スポーツにおける障害予防に寄与するため、スポーツ指導者、保護者等とのスポーツ障害領域に関する情報交換を行うとともに、スポーツ医療に携わる専門家の教育と育成を図ることを目的としています。

 

肘の検査

選手からの問診を基にして、肘の動く角度(可動域)や痛みの有無をチェックします。

 

知らず知らずのうちに角度が制限されていたり、痛みがあるのを我慢してプレーを続ける選手が見られます。

 

障害予防も大切ですが、悪化する前に早期発見することが重要です。

超音波(エコー)検査

肘の骨や軟骨、靭帯の状態をチェックします。

投球障害で異常が認められる代表的な個所は内側、外側、後側です。

 

一般的に内側が最も多いですが、外側の障害においては、痛みがない場合もあり、重篤化すると日常生活に支障をきたし手術が必要となる場合があります。

ストレッチ指導

体の柔軟性が低下すると、体の動きが硬くなり、結果的に肘への負担が増えます。

 

肘に障害が起こる原因として柔軟性の低下が考えられるとともに、パフォーマンスも落ちてしまいます。

 

選手自身が日頃より、自主的にストレッチ体操を実施し、またスポーツ医科学にのっとった正しい方法を選手や各チームに伝えることを目的としています。

 

また検診を通じて柔軟性が低下している部位を選手自身が認識し、障害予防やパフォーマンス向上に役立ててもらいます。

チーム責任者への説明など

野球肘検診の場を通じて、チームの責任者や選手の保護者に情報発信をしています。

 

野球肘障害の早期発見と予防の必要性、また最新のスポーツ医科学的考えを競技現場に導入することで、子供たちが野球を通じてスポーツを楽しみ、心身ともにより良い発展に寄与できるように取り組んでいます。

医科学的にサポート

野球肘検診において病院受診が必要と判断された選手には、検診結果が記載された情報提供書を配布し、スポーツ障害専門の医療機関への紹介あるいは最寄りの医療機関の受診を勧めます。

 

野球肘検診において障害を早期に発見し、また早期に医療機関を受診することで重篤化を未然に防ぎ、選手が野球競技を怪我なく楽しんで続けることができるように医科学的にサポートします。